Header image  
聖路加国際大学大学院看護学研究科  
line decor
  HOME  ::  
line decor
 
 
メンバー

教員
教授 中山和弘

専門は、保健医療社会学と看護情報学です。保健医療社会学がスタートですが、そこでは、もっと人々には健康についてできることがあるのではないか、意識化すればもっと自分でコントロールできるはずだという関心から市民や患者の意識や行動の研究をしてきました。自分が子供のころ、小児ぜんそくや扁桃腺肥大で学校を休みがちで、親や医者の言うなりになっていたことに納得がいきませんでした。自分なりの調整方法や努力が有効だという経験があったからです。中学校に入って親にも反対されながらサッカー部に入り、ボール拾いとランニングだけでも毎日帰ったらすぐ寝る生活でしたが、まったく学校を休まなくなりました。人には潜在的に自分で健康になれる力があると思いました。

医療者の専門資格はなく、看護師のなりそこない(学部の頃、あと数週間の病院実習をとれば受験資格がありました)でもありますが、何年か前に看護の先生から看護の視点を持っている人だと言われたことがあります。学部の卒論のころから現在に至るまで、市民や患者の視点での調査にたくさんかかわってきました。ただただ一市民であるがゆえにその目線を続けてきたことで、市民中心、患者中心の視点が自然と維持されてきたのかもしれません。

しかし、保健医療はまだ必ずしも市民中心、患者中心ではありません。本来の力を発揮するには、自分のどのような選択肢があるのか、それぞれのメリットデメリットは何かを知り、意思決定する力であるヘルスリテラシーが必要です。市民中心、患者中心とは、本人の好みや価値観、ニーズを尊重し、それに基づいた意思決定を支援するという意味です。その支援をするのが看護情報学だと考えています。

そのために多様な好みや価値観を持つ人々の意識や行動をとらえる研究方法が必要となります。このような研究のための調査と統計手法については数多くの看護・保健医療系の卒論・修士・博士、教員らの指導やアドバイス、論文査読を積み重ねてきました(たぶん数百人?)。これらの研究をすすめながら、そのノウハウをより多くの方々に伝えていきたいと思っています。

researchmap http://researchmap.jp/read0197782/
e-mail nakayama@slcn.ac.jp 
Twitter http://twitter.com/NakayamaKazhiro
Facebook https://www.facebook.com/nakayama.kazuhiro
LinkedIn jp.linkedin.com/in/nakayamakazhiro

講師 米倉佑貴

専門は健康社会学,健康教育学です.患者や市民の自律やエンパワ メントに関心を持って,ピアサポートやセルフヘルプグループなど の研究をしています.学生のころから患者同士で慢性疾患の自己管 理を学ぶ慢性疾患セルフマネジメントプログラムの評価研究や運営 に関わっています。
その他,健康の心理社会的な要因に関する様々な研究プロジェクト に参加しています.
e-mail: yyonekura@slcn.ac.jp
researchmap: https://researchmap.jp/yyonekura/
慢性疾患セルフマネジメントプログラム: http://www.j-cdsm.org/

事務補佐員
募集中です。
大学院客員研究員

田口良子
(鎌倉女子大学家政学部・准教授)

健康をめぐる人間行動に関心があり、これまでがん周辺のテーマとして、がん検診行動やがん患者のQOLに関する調査を行ってきました。一般市民や患者の立場から、より望ましい保健医療サービスのあり方について探求を続けていきたいと考えています。若年性乳がん患者会のサポーターを担当しています。
関心領域:健康行動、QOL、保健医療情報、ヘルスコミュニケーション、ヘルスリテラシー、がん検診

博士課程

北奈央子
主に医療機器を扱う企業でマーケティング業務に携わってきました。
医療機器の販売活動は主に医師を通して行われますが、近年企業が疾患啓発活動を行うことも増えてきました。しかしこうした情報が発信者都合であることに疑問を感じていました。
また、女性が社会で活躍し続けることの難しさも感じています。出産、更年期だけでなく、乳がん、子宮頸がんなど生産年齢で大きな病気に罹患する確率が男性より高いです。また若くして罹患するということは、罹患してから長く生きられるということでもあると思います。こういった中、女性が社会で活躍していくためのヘルスリテラシー、受ける側の視点にたった情報提供がなされ、そして自分の健康をManageしながら活躍していけるような社会にしていければと思っています。
長年外資系の企業で働いてきたこともあり、日本の現状の情報発信、国際比較、などにも挑戦したいと思っています。
関心領域:ヘルスリテラシー、健康行動、女性の社会進出、疾患啓発、医療機器
e-mail:Norte705@gmail.com

関山友子
精神病院の看護師、障がい者就労支援施設でワーカーとして勤務後、地域看護学領域で教員をしています。
地域で暮らす障がい者の方々の健康や生活の支援について、ヘルスリテラシーの視点から研究を進めていきたいと考えております。
関心領域:(精神)障がい、ヘルスリテラシー、意思決定支援、ヘルスコミュニケーション、健康行動、退院支援、多職種連携、地域、保健師
e-mail:sekiyama@jichi.ac.jp

萩原加奈子

行政の保健師として、子どもから大人まで、様々な健康課題を持っている方々の健康づくりに携わってきました。子どもや高齢者の虐待予防に関する相談・支援の中で、主にリスクに対してアプローチする支援に疑問を感じていました。そのため、ヘルスリテラシーの観点から、住民が健康になるための要因を解明し、住民のもつポジティブな力や健康を生成する力を強化する支援について研究を進めたいと考えています。
関心領域:ヘルスプロモーション、ストレス対処力、健康生成論、ヘルスリテラシー、意思決定支援、ヘルスコミュニケーション、保健師
e-mail: hagi.kana.18@gmail.com

檀谷(鈴木)ひとみ
私は医療看護情報をわかりやすい形にし、医療者の自己満足や一方的でない情報提供をしていきたいと考えています。そのために医療者と患者の認識にずれのない情報デザインについて考えていきたいと思います。
 関心領域:ヘルスリテラシー、ヘルスコミュニケーション、ピクトグラム、感性工学
e-mail: danya.hitomi.suzuki@gmail.com

端山淳子
在宅看護領域の教員をしています。自分の子どもが、エピペンを携帯する重度食物アレルギーで苦しんだ経験から「食物アレルギー患者の社会的支援に関する研究」に取り組んでいます。食物アレルギーを持つ子どもたちが安心して社会生活を送ることができる、そんな世の中にするために看護学の研究者ができることはまだまだ沢山あると思います。博士課程では、その思いを胸に研究に取り組んでいきたいと思います。
関心領域:食物アレルギー、社会的支援、ヘルスリテラシー、意思決定支援
e-mail:jhayama10@gmail.com

山本加奈子
急性期病院で集中ケア認定看護師、急性重症患者看護専門看護師としての役割を持ち働いてきました。組織内で患者さんの回復のために多職種で協働し、入院後の呼吸器合併症の発症率の低下や急変回避のための取り組みを行ってきました。しかしその中で、どんなに病院内でよい治療・ケアを行い回復できても、退院後に状態が悪化し再入院となってしまう患者さんを減らすことができていないことに気づき、「患者教育」について強く関心を持つようになりました。ICUに入院中の患者さんであっても、自分らしい意思決定ができるために看護師としてどのように支援することができるのか、「生活者」としての患者さんを理解し継続ケアを行っていくためにも、場に応じた情報提供の仕方や患者教育がある!と思っています。これからの急性期看護に重要な「患者(家族)教育」について学びたいと考えています。
関心領域:意思決定支援、意思決定ガイド、患者教育、多職種協働、クリティカルケア看護
e-mail:ykanako@slcn.ac.jp
 

修士課程 


博士課程修了生

藤田美保
(昭和大学横浜市北部病院 臨床研究支援室)
2021年度博士論文「治験コーディネーターのシェアード・ディシジョンメイキング実施意図への影響要因と意思決定ガイドの有用性」
e-mail: raptor3924@gmail.com

青木頼子

(富山大学老年看護学助教)
2020年度博士論文「回復期リハビリテーション病棟における脳卒中高齢者の退院先選択のための意思決定ガイドに関するランダム化比較試験:意思決定の葛藤と参加への効果」
e-mail:yoaoki1188@gmail.com

大坂和可子

(慶應義塾大学看護医療学部准教授)
2015年度博士論文「体験者のナラティブを活用した意思決定ガイドの効果: 早期乳がん患者の術式選択における意思決定の葛藤に関 するランダム化比較試験」
Osaka W, Nakayama K. Effect of a decision aid with patient narratives in reducing decisional conflict in choice for surgery among early-stage breast cancer patients: a three-arm randomized controlled trial. Patient Education and Counseling, DOI: 10.1016/j.pec.2016.09.011
e-mail: osakawakako@gmail.com 
サポートグループの活動紹介ページ:.「乳がん女性のためのサポートプログラム
乳がんピアサポーターの活動紹介ページ:「聖路加スマイルコミュニティ

孫大輔
(日野病院組合日野病院 総合診療科、鳥取大学医学部 地域医療学講座)
2013年度博士論文「医療系専門職と市民・患者のカフェ型ヘルスコミュニケーションによる変容的学習のプロセス」
twitter: @sonson01
e-mail: sondtky@gmail.com
みんくるプロデュース(みんくるカフェ)HP:
http://www.mincle-produce.net/

瀬戸山陽子
(東京医科大学教育IRセンター講師)
2012年度博士論文「乳がん患者のソーシャルメディア利用とソーシャルサポート及びQOLの関係」
e-mail: yokos.set@gmail.com
twitter: @yoko_SETOYAMA
個人サイト  http://nursingandinformatics.blogspot.jp/

修士課程修了生

大歳里沙
2020年度修士論文「女性の関節リウマチ患者の家族計画の意思決定のニーズ調査及び試作版意思決定ガイドの開発」
e-mail: 1991.1226ro@gmail.com

藤田美保
2017年度修士論文「説明文書と意思決定の質の評価による臨床試験用ディシジョン・エイド開発のためのニーズアセスメント」
藤田 美保, 米倉 佑貴, 大坂 和可子, 中山 和弘, ディシジョン・エイドの質基準から見た説明文書の現状と課題: 治験関係者へのインタビュー調査を含めて, 臨床薬理, 2019, 50 巻, 6 号, p. 247-257
e-mail: raptor3924@gmail.com

高橋勇太

2017年度修士論文「ヘルスリテラシーと情報源・サポート資源、知識との関連―新老人の会を対象に―」
e-mail:takahashiyuta12@gmail.com

檀谷ひとみ

2016年度修士論文「日本人のニュメラシーと医療のリスク情報の理解度及びピクトグラフの効果」
Hitomi Danya, Yuki Yonekura & Kazuhiro Nakayama | (2021) Effects of graphic presentation on understanding medical risks and benefits among Japanese adults, Cogent Medicine, 8:1, 1907894, DOI: 10.1080/2331205X.2021.1907894
e-mail: danya.hitomi.suzuki@gmail.com

江藤亜矢子

2016年度修士論文「更年期女性へのホルモン補充療法(HRT)意思決定ガイドの開発と内容適切性評価」
江藤亜矢子、中山和弘「更年期女性がHRT選択をするための意思決定ガイドの開発と内容適切性評価について」『更年期と加齢のヘルスケア』17(2);15-24, 2018
e-mail hamadaayako0221@gmail.com

佐藤繭子

2015年度修士論文「若年女性の外見を偏重する態度としての自己対象化と将来を見通した健康行動」
e-mail: mayuko.sarahsato@gmail.com

浜岡(関戸)亜衣

(国立がん研究センター研究支援センター研究企画部臨床研究コーディネーター室)
2014年度修士論文「病院看護職員の他施設の働く環境への関心のあり方とワーク・エンゲイジメントとの関連」
e-mail:hamaoka.sekido.ai@gmail.com

松本真欣
(ユニバーサルビジネスソリューションズ株式会社)
2014年度修士論文「健康の社会的決定要因をコントロールする能力としての批判的ヘルスリテラシー尺度の開発」
Matsumoto M, Nakayama K. Development of the health literacy on social determinants of health questionnaire in Japanese adults. BMC Public Health, DOI:10.1186/s12889-016-3971-3
e-mail: masamatsu.11@gmail.com
ブログ http://masamatsu11.blogspot.jp/

中留理恵
(株式会社NSD保健師)
2012年度修士論文「保存期慢性腎臓病患者の塩分摂取量とヘルスリテラシー、情報源の関連」
e-mail: rie.nakatome@gmail.com