Header image  
聖路加国際大学大学院看護学研究科  
line decor
  HOME  ::  
line decor
 
 
メンバー

教員
教授 中山和弘

専門は、保健医療社会学と看護情報学です。保健医療社会学がスタートですが、そこでは、もっと人々には健康についてできることがあるのではないか、意識化すればもっと自分でコントロールできるはずだという関心から市民や患者の意識や行動の研究をしてきました。自分が子供のころ、小児ぜんそくや扁桃腺肥大で学校を休みがちで、親や医者の言うなりになっていたことに納得がいきませんでした。自分なりの調整方法や努力が有効だという経験があったからです。中学校に入って親にも反対されながらサッカー部に入り、ボール拾いとランニングだけでも毎日帰ったらすぐ寝る生活でしたが、まったく学校を休まなくなりました。人には潜在的に自分で健康になれる力があると思いました。

医療者の専門資格はなく、看護師のなりそこない(学部の頃、あと数週間の病院実習をとれば受験資格がありました)でもありますが、何年か前に看護の先生から看護の視点を持っている人だと言われたことがあります。学部の卒論のころから現在に至るまで、市民や患者の視点での調査にたくさんかかわってきました。ただただ一市民であるがゆえにその目線を続けてきたことで、市民中心、患者中心の視点が自然と維持されてきたのかもしれません。

しかし、保健医療はまだ必ずしも市民中心、患者中心ではありません。本来の力を発揮するには、自分のどのような選択肢があるのか、それぞれのメリットデメリットは何かを知り、意思決定する力であるヘルスリテラシーが必要です。市民中心、患者中心とは、本人の好みや価値観、ニーズを尊重し、それに基づいた意思決定を支援するという意味です。その支援をするのが看護情報学だと考えています。

researchmap http://researchmap.jp/read0197782/
e-mail nakayama@slcn.ac.jp 
Twitter http://twitter.com/NakayamaKazhiro
Facebook https://www.facebook.com/nakayama.kazuhiro
LinkedIn jp.linkedin.com/in/nakayamakazhiro

准教授 米倉佑貴

専門は健康社会学,健康教育学です.患者や市民の自律やエンパワ メントに関心を持って,ピアサポートやセルフヘルプグループなど の研究をしています.学生のころから患者同士で慢性疾患の自己管 理を学ぶ慢性疾患セルフマネジメントプログラムの評価研究や運営 に関わっています。
その他,健康の心理社会的な要因に関する様々な研究プロジェクト に参加しています.
e-mail: yyonekura@slcn.ac.jp
researchmap: https://researchmap.jp/yyonekura/
慢性疾患セルフマネジメントプログラム: http://www.j-cdsm.org/


大学院客員研究員

田口良子
(鎌倉女子大学家政学部・准教授)
健康をめぐる人間行動に関心があり、これまでがん周辺のテーマとして、がん検診行動やがん患者のQOLに関する調査を行ってきました。一般市民や患者の立場から、より望ましい保健医療サービスのあり方について探求を続けていきたいと考えています。若年性乳がん患者会のサポーターを担当しています。
関心領域:健康行動、QOL、保健医療情報、ヘルスコミュニケーション、ヘルスリテラシー、がん検診

藤田美保
(昭和大学横浜市北部病院 臨床研究支援室)
私は昭和大学横浜市北部病院で臨床研究コーディネーター(CRC)として勤務しています。大学卒業後、消化器系の病棟や外来で7年程臨床経験を積んだ後、CRCとして臨床研究支援室に配属されました。
CRCの重要な業務の一つに「治験参加の意思決定支援」があります。医師の説明に加えてCRCが説明文書に基づいた補助説明を行いますが、難解な説明文書の内容を患者さんが本当に理解し、納得して同意しているのか常々疑問に感じています。患者さんが本当に必要としている情報を提示できているのか?患者さんは意思決定に結びつく情報を探し、そしてその情報に辿り着けているのか?…といったことを看護職CRCの視点で探り、有効な意思決定支援を見出せればと考えています。
関心領域:治験、意思決定、情報探索行動、がん看護
e-mail: raptor3924@gmail.com